ヨッ!待ってました。小桜座(^^)/

2014-11-10(06:33)

今回、2病棟のスタッフ知り合いより紹介で「小桜座」を外部慰問にきていただきました。舞台の配置から音響まで
小桜座の座長が、全部されたことにスタッフ感謝です出待ちです。わくわくです。

IMG_4781.jpg
Kナースの前説の始まり
みんな注目してます。 

IMG_4786.jpg

扇子を持っての舞踊り
男性かな?女性かな?それは、秘密

IMG_4805.jpg<

お涙ちょうだい

IMG_4808.jpg

座長のキレのある踊りに、惚れちゃう

IMG_4793.jpg

銀色のスーツに、懐メロ+流し目
IMG_4819.jpg

最後の挨拶、座長の2人の娘さんも舞台へ! おチビちゃんの疲れきった表情には訳があるんですよ。


IMG_4863.jpg

ワンワン泣いてる二女ちゃんが、いますね。実は・・・。座長のパパが大好きで、お姉ちゃんを先に抱っこしたことにやきもちをやいて、舞台中泣いてお芝居が出来なかったんですよん



IMG_4833.jpg

そのあと、座長があやしたけどダメでした。お姉ちゃんも困った表情でした。
あっと言う間に、時間が過ぎ1時間楽しい踊りを満喫しました
普段、外に出ることのない患者さんも喜んで手を叩いたり、リズムにのったり
意外な一面を見ることができました。
「小桜座」さん、ありがとうございました
                                   記事:ざきやま







急変時の対応  (研修会)

2014-11-05(18:59)

9月19日 医療安全委員会による BLSについて院内研修会がありました。

   意識の確認後に 気道確保を行う
IMG_0453.jpg

 人工呼吸開始


  胸骨圧迫!! 
IMG_0455.jpg

 瓜生主任 がんばってます
IMG_0456.jpg

 さすが 男性の力は強いです。 

IMG_0457.jpg


 小柄な 井上Nsが 挑戦です
IMG_0458.jpg

力が無くて センサー反応せず・・・。
井上Ns 悪戦苦闘す・・・。
圧迫は 少なくとも 100/分ですよ。がんばって! 
IMG_0459.jpg

その後 AEDを使っての訓練を行いました。
水に濡れている場合はどうなのか?とか
ペースメーカーの人はどうなのか?
女性はブラジャーをしているが どうしたらいいのか?
当院では どこにAEDを設置しているか? など 多くの質問が飛び交いました。


各質問に対し、山倉Nsが 答えてくれました。

医療従事者として、急変時は落ち着いて 対応したいと思いました。

   記事 ざきやま & ほうし

アルコール治療の本場へ

2014-11-05(18:32)

久里浜医療センターへ研修へ行ってきました。
アルコール依存症臨床医等研修【看護師コース】!!

久里浜医療センターは日本で唯一、WHOからアルコール関連問題の施設として指定されている病院です。
患者様の自主性を尊重した治療方法は「久里浜方式」と呼ばれており、日本各地の施設が参考としている
アルコール治療の情報発信源でもあります。

場所は神奈川県横須賀市。海沿いにある自然豊かな場所にありました!
IMG_9466_convert_20141105181141.jpg

9468kannbann


IMG_9511_convert_20141105182452.jpg

アルコールの治療プログラムで特に精力的におこなわれていたのが、「GTMACK」というテキストを用いた
集団治療でした。
これはアルコール依存症の人にみられやすい、飲酒に対する考え方のかたよりに対して、認知行動療法と
いう心理療法を使って介入する治療です。
患者様が自分自身で考えて、意欲的に自分にあった断酒方法を導きだし、実行に移す力を身につけるという
効果が期待されます。

9506burogu

その他にも、様々なプログラム(SST・アンガーマネジメン・タバコ勉強会・自助グループ参加など)がありました。
性別、年齢、病状など対象や個々に応じた介入方法があり多くの工夫を感じられました。
患者様だけでなく家族に対する援助についてはCRAFT(クラフト)という技法を用いるなどして患者様を支える
ご家族を支えるよう努めていました。

IMG_9489_convert_20141105183023.jpg
研修棟からの朝日です!

今後は、1000万人は居ると言われているアルコール依存症の予備軍(プレアルコホリック)に対して、依存症に
ならない為の予防的な介入をおこなう事が私達医療者に求められるてくると、話されていました。

当院ではアルコールの専門病棟はありませんが、1病棟(急性期治療病棟)にてアルコール治療プログラムを
積極的におこなっています。

今回の研修で、参考とさせて頂くものをたくさん得る事ができましたので病棟職員で共有して、今後の治療に活か
していきたいと思います。

認知症病棟のリハビリプログラム

2014-11-05(17:31)


今年から リハビリの担当になり OTや他スタッフと一緒に様々な活動や 活動中の注意点などを考えてきました。
特に 今年は 「リハビリカンファレンス」 を導入し、5月から  毎週1回 30分  ほどの時間を使って行っています。

DSCF0735_R.jpg

本日は中間報告と今後の目標、方向性をカンファレンスで 延べさせてもらいました。
DSCF0736_R.jpg


5月よりカンファレンス内容は 【 リハビリ=運動療法 】 という考えだけではなく
  「認知症の患者さんにとってのリハビリとは何か?」 という 部分から そして   入院生活行動が退院後の生活につながるような アプローチを個別的に考え   
  スタッフもバラバラに関わるのではなく   統一性をもって  アプローチできるようにしています。


患者さん一人ひとり 顔や性格が違うようにカンファレンスの議題として挙げられる内容も 一人ひとり違い その都度検討評価していくのは スタッフも根気とエネルギー が必要で チームワークで本日まで乗り越えてきました。



運動療法をはじめ 食事介助の方法や整容の仕方,BPSD(徘徊や帰宅要求など)の対応方法など 患者さんの尊厳を守りながら、どう接したら良いのか、スタッフ皆で 日々考えています。

個性的なスタッフも多い 3病棟では アプローチする案も個々に違い 大胆な意見もどんどん提案されますが、時にはその案が 患者さんにとって良いケアにつながることもあり その時はやはり  チームワークの重要さ  を感じます。

DSCF0736_R.jpg


   患者さんに関わるスタッフも 患者さんにとっては【環境】のひとつです。 
特に  BPSD(行動心理症状)は 環境から強く影響を受け、改善、増悪  します。

その為、私達スタッフは自分の関わり方一つで 患者さんの入院生活を変えてしまう可能性もあるため、毎日のケア方法も留意しながら 患者さん一人ひとりが入院生活を 有意義に過ごし 患者さんにとって一番良い場所へ退院していくことができるように これからも支援させていただきたいと思います。

      記事 畠江 

グループホーム合歓の木の世話人さん

2014-11-05(11:47)

平成26年11月を持ちまして、グループホーム合歓の木が開設4年目に入りました。
今回は、利用者さんの日々のお世話をしてくださっている世話人さんから、利用者さんに対するいくつかの感想をお伺いしてみました。

「嬉しいなぁ」と感じることは…
おばさん 嬉しい
・旅行に行けるようになったこと                                              
・自分の気持ちを言えるようになったこと
・自分で作った料理を他の人にも分けてあげている姿を見たとき 
・他人を思いやり、協調性が養われている姿を見たとき


「良かったなぁ」と感じることは…
おばさん グッド
・自分で食材や日用品の買い物に行き、また1月毎の収支のバランス等を考えて生活するなど計画性が養われていること
・自分の病気(身体面)を考え、糖分塩分等考えて、調理していること
・料理のレパートリーが増えていること
・物の価格(消費税等)で社会の今や状態や流れを自身で体験できていること
・当番表を守り、規則正しい生活をする努力をしていること


「困ったなぁ」と感じることは…
おばさん 困った
・デイケアを余り好んでいない。勧めても理由をつけて参加しない
・個人持ちの品物(洗面具など)をどこまで扱って良いのか分からない
・何もせずに自室で眠っていること
・自分で食事の準備をしない(他者からもらう)

…とのことでした。当グループホームの世話人さんは、精神科での経験もあり、精神障害者の方との関わりには慣れておられます。病気と障害を併せ持っていることは分かっていても、ご苦労もされているようです。しかし一方で、利用者さんの日々の進化を間近に感じ、たくさんの喜びも感じられているようで羨ましくも感じました。今後とも、利用者さんの社会復帰のお手伝い、どうぞ宜しくお願いいたします。

記事 YK

3病棟 恒例レク

2014-11-04(20:04)

10月15日(水) スタッフ考案レクリエーション


フィッシング魚釣りゲーム
処理済~DSCF0528_R



何匹釣れるかな?
大物を狙ってたくさん釣ろうを行いました
処理済~DSCF0527_R


Aチームバナナチームにわかれて魚が合計で何匹釣れるか?
竿の糸の先には磁石がついており、魚たちにはクリップをつけてすぐに釣れるようになっています
処理済~DSCF0538_R


シンプルなゲーム内容で皆さんも理解され、どんどん釣って池掘りの中の魚たちはすぐに少なくなっていきました
処理済~DSCF0545_R


大きな鯛は、人気で一人では釣れないので3~4人で協力して一生懸命釣ってましたが
釣り糸がからまったりハプニングがありつつもを浮かせる事はできました
処理済~DSCF0562_R

処理済~DSCF0579_R



釣ったという達成感を味わっていただき良かったです

接戦でしたが、バナナチームの勝利でした
処理済~DSCF0562_R



                           記事  谷本



最新記事
記事のカテゴリ
月別アーカイブ